Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックアップ交換のために / TONEとコンデンサーの話

TONEの仕組みの詳細を調べていくうち、非常に奥が深いことがわかりました。
ピックアップを通したギターの音色は、ギターの回路全体で決めているという話です。

ハムバッカーの場合、コイルの巻き数の影響で、シングルコイルよりも共振周波数が低いため、
高域がカットされやすい形となります。
ボリュームなどのPOTが、ハムバッカーの場合500kHzが付いているのも、
高域の音に関し、仕組み上不利になるため、高域側に出来るだけピークを鋭くつくることにより、
強調する様な仕組みになっています。
※さらに高域を強調するような特殊なPOTも販売されている様です。

共振周波数は、ピックアップや全体の電気回路で決まってくる値なので、簡単な話ではなく、
POTの抵抗値などは、デフォルトの値を引き継いだ方が無難だということもわかりました。

ただ、ちょっと注目すべき内容があります。
TONE側のポットには、ハムバッカーの場合0.022μFのコンデンサーが付いていることは、記述しましたが、
これは、TONEを絞り切ったときの音のキャラクタに影響を与えるということです。

0.022μF:450Hz
0.01μF:700Hz
0.0047μF:1000Hz
0.0022μF:1400Hz
の様な関係で、TONEを絞り切ったときのピークが強調された感じの音色ができます。
デフォルトでの450Hzでは低音のみでTONEキャラクタとしてどう考えても使い道が無いので、
1000kHzあたりのピークを狙って、ミッドハイあたりにピークが来るように、
コンデンサーも変えようかと考えています。

→ ピックアップ交換までしなくても、コンデンサー交換だけでもTONEを活用した、音質向上ができる可能性があります


もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

回路全体で音色に影響するんですか!
ますますアッセン総入れ替え決定です。
TONEでけっこう音作りできますよね。
私もピックアップ交換はできればしない方向でいきたいです^^
どう変わるか楽しみですね。

  • 2012/09/14(金) 10:41:44 |
  • URL |
  • リッチーエリックボーン・ペイジリックス #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 回路全体で音色に影響するんですか!
> ますますアッセン総入れ替え決定です。
> TONEでけっこう音作りできますよね。
> 私もピックアップ交換はできればしない方向でいきたいです^^
> どう変わるか楽しみですね。
お仕着せの状態で楽しむ楽しみ方もありますが、
パーツを変更して音作りするのも楽しいですw
パーツ変更後の音、お互い楽しみですね~

  • 2012/09/15(土) 02:08:33 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://breezerock.blog.fc2.com/tb.php/65-821bb81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。