Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

Yamaha THR-5 を改めて紹介(モデリング編)

年始からギター歴を再開しましたが、
その時ちょうど発売となっていたYamaha THRが気に入り購入しました。
半年使ってみて、改めてご紹介です。

---------------------------------------------------------------
Yamaha THRには、エレキギター専用のTHR-5と
ベース、アコースティックも使えるTHR-10があります。

私が購入したのは、エレキギター用アンプTHR-5です。
P1020010.jpg


どんなアンプかと簡単に言うと、
真空管ヴィンテージサウンドを個人で楽しむためのシミュレーションコンボアンプ(*1)です。
このアンプは、パワー部が本当の真空管を使っているわけでなく、
Yamaha独自のVCMテクノロジー(*2)というのを使って真空管アンプそっくりに似せています。
また、HiFiオーディオ部門が回路を担当し、高級オーディオ並の高音質を実現しているのも
ギターアンプとオーディオアンプの顔を併せ持つ新しいアプローチですね。

その他、以下の特徴があります。
●5種のアンプ(VCM):後述ビデオ内詳細
●2系統エフェクター:コーラス・フランジャー・フェイザー・トレモロ
           +ディレイ、リバーブ、スプリングリバーブ、ホール
●AC、および、電池駆動
●Cubase AI6付属
●THR Editor(PCアプリ):PC上で細かい音作り可能で保存もできます。
       さらに、本体だけではできない コンプレッサー、ノイズゲート、
       アンプモデリングのスピーカーキャビネット選択も可能
●AUX入力:モバイル端末からの音声入力ができます。
      無料アプリのTHR Session(iPhoneアプリ)では、
      スピード、ピッチ変更、ABリピートなどもできるため、
      組み合わせると最高のギター練習ができます
●USB:THR からのパソコン入出力や、MIDI音源の再生ができます。
●クロマチックチューナー
●ディレイ タップテンポ機能:リバーブディレイのテンポを設定できます
●真空管風イルミネーション:きれいです

(*1)コンボアンプというのは、これも簡単に言うと、プリ部(音量調節)、エフェクター部、
  パワー部(スピーカー出力増幅)が一緒になった物です。
  対して、分かれてるのが、スタックアンプですね。
(*2)VCMとは、Virtual Circuitry Modelingの略で、
 アナログ機器を構成している抵抗やコンデンサーなどの素子レベルから、
 回路の構成、振舞いを極めて正確に仮想モデリングする技術で、
 一般的なデジタルシミュレーターが見逃してしまうような
 機器の微細な性質(サチュレーションや非直線性など)までも徹底追求し、
 パラメーターを作りこみ、業界最高レベルの試聴プロセスを経てモデリングする技術。

---------------------------------------------------------------

概して機能上ライブとかには向きませんが、
家でギターを弾く、あるいは、どこかの場所に持ち込んで楽しむ場合は、
最高の機材と改めて実感しています。

とくに、ヘッドホンやスピーカーにて、
ボリュームをフルアップしなくても、
しっかり最高の真空管アンプ音が楽しめるのが最大の魅力です。
音作りとか気合い入れてしなくても、ほぼそのまま最高の音が楽しめます。

そんな感じで、本日はTHRのモデリングについて、
実際のギターの音、映像にてご紹介したいと思います。


THR-5の設定は、今回はPCアプリは使わず、
以下のつまみの状態でCUBASE 経由で録音しています。
GAIN : CENTER
MASTER : FULL
TONE : CENTER
EFFECT : 0
DELAY/REV :0

使用機材は、
ギター:Tokai LS-92
アンプ:THR-5
録音:Cubase AI6
映像:Xacti HD800

---------------------------------------------------------------

もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

ヤマハのアンプいいですね♪
私はMODERNよりBRIT HIが好みです。
リフもソロもマーシャルの雰囲気のある音ですね!
ぶりさんの映像は凝っていて、とても解りやすいです。

  • 2012/07/22(日) 13:21:37 |
  • URL |
  • リッチーエリックボーン・ペイジリックス #-
  • [ 編集 ]

ぶりさん、こんにちは

ヤマハのアンプ。
これってギターアンプだったんですか…
(何という物知らず!)

楽器屋に置いてあったんですけど、何これ?

いい音しますね。
動画の紹介の仕方もお上手です。

持ってるAMPは、もうジャンク品です。
楽器屋行ったら、いじってみようと思います。

  • 2012/07/22(日) 18:03:44 |
  • URL |
  • rimix #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> ヤマハのアンプいいですね♪
> 私はMODERNよりBRIT HIが好みです。
> リフもソロもマーシャルの雰囲気のある音ですね!

ですよね。BRIT HIを好んで使ってますw

> ぶりさんの映像は凝っていて、とても解りやすいです。

ありがとうございます^^

  • 2012/07/22(日) 23:06:32 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> ぶりさん、こんにちは
>
> ヤマハのアンプ。
> これってギターアンプだったんですか…
> (何という物知らず!)
> 楽器屋に置いてあったんですけど、何これ?

一時期話題になりましたが、
個人でギターを楽しんでいる方や
バンドをやっていても家での練習の時などは、
宣伝文句通り、いろいろ最適解な部分が多いのでオススメですよ。

バンド用の機材とは別として購入して後悔しない機材と思います。
※自分も今後、別途アンプやエフェクターは買うと思いますが、
 練習とか録音とか本当に便利に使わせていただいてますよ。

> いい音しますね。
> 動画の紹介の仕方もお上手です。

ありがとうございます^^BRIT HIを好んで使ってますw

> 持ってるAMPは、もうジャンク品です。
> 楽器屋行ったら、いじってみようと思います。

是非、楽器屋さんでお試ししてみてください。
このアンプから出る真空管アンプシミュの音は、低音量でも気持ちいいです。

  • 2012/07/22(日) 23:12:14 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://breezerock.blog.fc2.com/tb.php/46-14dc76f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad