Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lee Ritenour 氏の新譜、”Twist Of Rit” 最高に癒されるギターで、オススメです

やっと今日から夏休みなので、久しぶり(2か月ぶり)の更新をします。
仕事が忙しくて、ギターのブログも更新、チェックできなくなってから、
意識できなくなると、すぐに更新しなくなっちゃいますね~w。

Lee Ritenour 氏の最新アルバムが出て、ゆっくり聴けるタイミングでしたので、そのアルバムに関する情報です。
47245.jpg

本アルバムは、新曲に加え、1975年リリースの1stアルバム『First Course』、1980年リリースの『Rit』からのヒット曲の新アレンジによる再録ヴァージョンを収録をしています。
※私が購入した日本版には、ボーナストラック”More W.O.R.K.” 収録

とにかく、Lee Ritenour 氏のギターの音色は癒されます~今最高の音で、最高のアレンジで聴かせてくれますので、本当におススメのアルバムです。

[ Track List ]
1.Wild Rice
2.Fatback
3.Ooh Yeah
4.Work'n It
5.A Little Bit Of This
6.Pearl
7.Twist Of Rit
8.Countdown
9.Soaring
10.Sweet Syncopation
11.Bullet Train
12.Waltz For Carmen
13.More W.O.R.K. (Bonus Track)
[ Featuring ]
John Beasley, Dave Grusin, Patrice Rushen, Ernie Watts, Melvin Lee Davis, Michael Thompson, Wah Wah Watson, David T. Walker, Makoto Ozone, Tom Kennedy, Dave Weckl, Paulinho Da Costa, Ronald Bruner Jr., Chris Coleman, Bob Sheppard and Rashawn Ross

発売と同時に、映像も公開されていますので、ご紹介します。
「 舞台裏映像:レコーディング風景やインタビュー 」

「Wild Rice」

「WORK'n It」


---
記事閲覧有難うございます~宜しければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://breezerock.blog.fc2.com/tb.php/224-07c8d4f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。