Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

安いギターと高いギターを改めて考えてみた

日本の中で今やギター人口は、600万人以上と言われています。
さらに、年間の販売本数は、60万本だそうです。

してみると、10人に一人は、年1本買っている計算になりますが、自分を考えてみても分かる気がします。
買う理由は様々だと思いますが、おそらくは、
★好みのギターがたくさんある(いろんな種類が欲しい)
★コレクション(フェンダー、ギブソン、PRSなど)
★新し物好き
★どこかに不具合が出たので、買い替え
などかと思いますが、
とにかくギター好きの方は常にWebやカタログなどをチェックしているのではないでしょうか。

==============================

ギターといってもピンキリで、数千円のギターから数百万円のギターまであります。
よく、安いギターと高いギターの違いを知りたいという話を聞きますが、
エレキギターの話になりますが、自分なりに安いギターと高いギターの違いを経験から考えてみました。

以降は、すべて主観となりますので、悪しからず。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
==============================

まず、自分が考える良いギターの定義(良ギター)です。
1.楽器ということを意識して作っている
2.材料、パーツの品質が良い
3.クラフトマンのギター作りの技能、知識が高い
4.材料の加工、組み立て、塗装工程など、時間をしっかりかけて作っている
5.制作中、組み上げ時のギターとしてのチェック、調整がしっかり行われている

ですが、これらをすべて行うと、お金も時間もかかるため当然高くなりますよね。

==============================

これらすべてを達成できているのは、日本国内での実売で最低15万円前後以上ではないかと思います。
ただ、これらすべてを達成していても、部品の量産性、材料の希少性、パーツ、技術、芸術的要素も加わり、
~100万円以上の価格の違いがあるのではないかと思います。

ただし、30万円以上のギターとなると、価格も価格でユーザーが求めるものも高くなるため、
材料選定から制作、チェックに至るまでかなり技術の高いクラフトマンがかかわっている場合が多いですし、
瑕疵があると大クレームにつながる可能性もあるので、深く考えずに購入してもあまり失敗することは無いと思われます。
ただ、当然物理的なものですので、一定のばらつきはあります。
その中でも良いものを手にしたい場合は、試演奏は欠かせません。

さらに言うと、日本製のTokai、Fujigen、Yamaha、その他 は、
Gibson USA、Fender USA、PRS USA などの様にメーカー名の付加価値をさほど付けてないため、
20万以下でも同じくらい品質のものは買えると思います。
20万円持っていたら、どうしてもUSA系の憧れのギターを買う人が多いので、
メーカー、ブランドがなんでも良い場合、安く良いものが欲しいということならば、日本製が狙い目と感じます。

==============================

次に、5万円~15万円 のギターですが、かなり選定が難しくなると感じます。

1.良ギターから部品の質を少し落として、安くしている
  → 技能の高いクラフトマンが作成しているものであればさらに安心
2.良ギターから部品の質を少し落とす+量産化して、安くしている
  → 機械の精度が高い、優秀な技能の人の数が少なくても量産できる
3.安いギターに、アーティストシグネイチャなどの付加価値をつけている
  → 見た目だけアーティスト気分になりたい場合は良い
4.ある程度良いパーツを使用して、完全量産化している
  → フロイドローズとか、ダンカンピックアップとか、魅かれる企画
    ギターの知識が無い方が量産している場合は要注意

おそらく、半分以上は、量産品の延長で、目的などの見極めがちゃんとできないと、
3.4などのケースは、お金を出した割に大失敗なんてこともあり得る価格帯と思われ、注意が必要です。
といっても、見た目じゃ良く分からない場合も多く、実際に試演奏(分かる方に試演奏してもらう)などして、
判断する必要があると思います。
特に通販での購入は、価格に対するダメージも大きいため、かなりの危険価格領域になると思います。

==============================

次に、5万円以下 のギターです。

ほとんどが、材料、パーツなどの質を落とした量産品と思われます。

そのなかでも、
1、2万円の安い量産品は、ただ音がでるだけで、
チェックもピックアップが切り替えできる、ボリュームが変わる、トーンが変わるくらいのチェックで、
それ以上のチェックなどは無いと考えて良いと思います。

設計図通り組み立てるだけで、部品は決していい音がするレベルの部品ではないですし、
木材の質、保存、加工、取り方、塗装、組み立て精度とか、あまり考えられてないからです。
如何に手をかけずに安くギターの形を作り収益を上げるかが宿命である価格帯なので当然と言えば当然ですね。
※薄利多売ってやつですね。
ただし、安いギターは止めた方がいいよと漠然と言われますが、最近は練習用なら一概には言えない感もあります。
なぜなら、大量生産の機械の精度が上がっており、昔よりは精度があり、練習用としてなら壊れにくいと思われるからです。
ただ、部品の質は良くないので、不具合が出やすいのも事実と思います。

実際の障害としては、
- ネック周辺障害(ねじれ、そり、はめ込み不良)により、音がビビる、音づまり、サスティーンが無い
- パーツ障害により、チューニングがすぐ狂う、和音がすこしおかしい、ノイズが出る、安定した音がでない

実売3万円~5万円の量産品は、ある程度はギターとしての品質を意識しているとは思いますが、
同様にほとんどは安価なアジア圏の量産品で、
有名メーカー名代で値段は実売価格に対し日本メーカーの3割増になっている場合が多いので注意が必要です。
この価格帯は、USA系のイメージにひかれがちでどうしても目が引かれますが、
日本メーカー(ヤマハ、その他)の真面目な品質管理の量産ギターの方がパーツも品質も良いと感じます。
原価率は、基本的に30%程度が基本と思いますので、必然的に原価1万円台となると思います。
したがって、木材の材料費が一定のものであるので、単体パーツの価格を考えると結果はお分かりですよね。
この価格帯でメジャーメーカーのピックアップやフロイドローズブリッジなど、売りにしているギターは、特に注意。
必然的に、それ以外部分で価格を削っていることになります。

ただ、失敗しても練習用として割り切りもしやすい価格なので、通販で気軽に買える価格帯でもあるかもしれません。
実際、9000円で安売りの時に新品購入したEpiphoneのLP ジュニアは、材料費だけでも成り立つのかと疑問に思うくらい、コスパの良さに驚きました。アンプにつないだ時は、良い音はしませんが、アンプつながず練習するには、ギターとしてある程度しっかりしていてオーバースペックと感じました。

==============================

今まで、1万円程度の安物から50万までのエレキギターを、買った経験からの持論ですので、
必ずしも購入目的により、正解ではないと思いますので、悪しからず。

---

何かわかると思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

超格安ギター

私は息子がお試しに買った超格安ギターをゆずり受け、それで弾き、YouTubeにUPしまくった経験アリです。そこから一気にギブソンにとびましたが。(^_^;)
今、その超格安ギターは目と鼻の先にいる両親宅にあります。病気になったとかで泊まり込んだときなどに、練習できるので便利です♪
今使っている、フジゲンとレスポールは、はたして本当に良い音が出るのか、まだわかりません。なぜなら私がまだ本領発揮させてないからで…(^_^;)
がんばらねば♪と思ってますー

  • 2014/12/08(月) 17:40:43 |
  • URL |
  • MIKI #a2H6GHBU
  • [ 編集 ]

私もギターを弾いてみたいのですが、すぐ挫折するかもと思い1万円前後のギターを買って、長続きすれば高いの買おうかな~と思ってるんですが、でも、あんまり安すぎても音が悪くて、そのせいでギター弾くのが楽しくないな~と思ってしまうこともあるかな~
・・・なんて、考えると、どれ買って良いのか、まったく分からなくなります^^;
ぜひアドバイスを^^;

  • 2014/12/08(月) 20:39:50 |
  • URL |
  • ひょい。 #fsi09bqQ
  • [ 編集 ]

Re: 超格安ギター

MIKIさん、コメントありがとうございます。
> 私は息子がお試しに買った超格安ギターをゆずり受け、それで弾き、YouTubeにUPしまくった経験アリです。そこから一気にギブソンにとびましたが。(^_^;)
最初のうちは、どんなギターでも同じ様な音しか出せない(技術、音の出し方、アンプなど)ですが、ある程度になると明らかに違いが出ます。
> 今、その超格安ギターは目と鼻の先にいる両親宅にあります。病気になったとかで泊まり込んだときなどに、練習できるので便利です♪
今、アンプにつなげて弾き比べるといろいろ分かるんではないかと思いますよ。アンプにつながないで練習する場合は、格安でも十分と思います。
> 今使っている、フジゲンとレスポールは、はたして本当に良い音が出るのか、まだわかりません。なぜなら私がまだ本領発揮させてないからで…(^_^;)
> がんばらねば♪と思ってますー
MIKIさんのフジゲンストラト、ギブソンスタンダードであれば間違いなく良い音がすると思います。アンプもギターに合わせてもう少し良いものを買っても良いかなぁなんていつも思って動画見てます。ヒューケトのTube Meister Combo おススメですよ

  • 2014/12/08(月) 21:27:21 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひょいさん、コメントありがとうございます。

> 私もギターを弾いてみたいのですが、すぐ挫折するかもと思い1万円前後のギターを買って、長続きすれば高いの買おうかな~と思ってるんですが、でも、あんまり安すぎても音が悪くて、そのせいでギター弾くのが楽しくないな~と思ってしまうこともあるかな~
> ・・・なんて、考えると、どれ買って良いのか、まったく分からなくなります^^;
> ぜひアドバイスを^^;

まず、モチベーションが大切です。最初は良い音出せないですが、続けていれば、数か月ですぐに上手くなってくるので、その時必ず良いものが欲しくなるので、結局最初の出費分がむしろ損になると私は思います。先のことを考え、良いギターを買うことをお勧めします。安いものを買うと、数週間で飽きて止めると思いますし、最初のつらい時期に、カッコいいギターを見てモチベーションを維持するのがコツだと感じます。

<個人的なおススメチョイス>
ギブソンUSAファンであれば、→ LP Classic = 15万円前後
フェンダーUSAファンであれば → ストラト、テレキャス American Standard = 15万円前後
PRS USAファンであれば → Custom 22 S2 = 15万円前後
特にファンがなければ、フジゲン、Tokai、日本製なら 10万円前後で、ほんとにいい音のギターが買えます。
これらは、アンプにつながなくても倍音やサスティーンにていい音がしますので、アンプ無しで練習してても常にモチベーションが上がりますよ。
ちなみに、3年前にギター再開時に買ったTokaiの LP(購入価格8万円)は、3年ほど経ちますが、気持ち良い音が出るので手放せません。今まで継続できているのも、このギターと出会ったおかげだと思いますw

  • 2014/12/08(月) 21:48:44 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

あ~やっぱり、良いものを最初に買うべきですか。
私、将棋もやるのですが、将棋の大山15世名人も同じこと言ってたのを思い出します。
とある素人将棋ファンが大山名人にどうしたら将棋が強くなりますか?と問いかけたところ大山名人は良い将棋駒と将棋盤を揃えなさいと答えたらしいです。
良い将棋駒と将棋盤は非常に見た目も美しく、厳選された木材に名人の彫氏が彫ったものは美しくて飽きが来ないそうです。
ついつい駒と盤を出して将棋を指したくなるので、将棋が強くなると言う論理なのですが、これとギターも同じなんでしょうね。
確かに15万円も出して買ったギターは、ついつい弾きたくなるんでしょうね。
音も良いでしょうし・・・
納得しました。

ちなみに私の好みはレスポールです。
なかでもY&Tのデイブ・メニケッティーが弾いていたネイビー色(あるいわ群青色?)のレスポールが欲しいんですよね~^^。

  • 2014/12/08(月) 22:10:30 |
  • URL |
  • ひょい。 #fsi09bqQ
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ひょいさん、コメントありがとうございます。

> ちなみに私の好みはレスポールです。
> なかでもY&Tのデイブ・メニケッティーが弾いていたネイビー色(あるいわ群青色?)のレスポールが欲しいんですよね~^^。

私もLPが何と言っても一番好きです。

参考ですが、

日本製なら、私も持っているのもありますが(TOKAIのまわし者ではありませんw)、
Tokai LPは、良いギターとしておススメで、以下にネイビーがありました。
http://item.rakuten.co.jp/guitarplanet/tokai_ls115f_flame_lp_ib/

Gibson LPなら、Studio 2015 に注目してます。
57クラシックが付いているものポイントですが、G-Force、ゼロフレットナットの最新技術も気になりますね。
この仕様で結構お安いんですよねw
http://item.rakuten.co.jp/k-gakki/gib-lpst15mmsn1/

  • 2014/12/08(月) 22:30:18 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

おお!どちらも超カッコイイですね~!
紹介ありがとうございました~。
購入の際の参考にさせていただきます~!

  • 2014/12/08(月) 22:57:13 |
  • URL |
  • ひょい。 #fsi09bqQ
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> おお!どちらも超カッコイイですね~!
> 紹介ありがとうございました~。
> 購入の際の参考にさせていただきます~!

ご参考になれば幸いです。

  • 2014/12/08(月) 23:50:31 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

ぶりさんの分析、設定価格帯が違うのですが、
内容は私と同じ考えですね。
私の設定価格帯で、ご意見が欲しい感じです。(笑)
~5万は、機械的な量産品(当たりもあるかも?)
5~10万は国産の良いものが買えそう。(それなりだけどハズレは少なそう)
10~25万、国産の上等品と海外の普通品。(海外はハズレもあるぞ!)
25万~私にとって贅沢品。(笑)
値段の誤差は多少ありますが、こんな感じで考えてます。
ただ、これだ!と思ったギターは値段はあまり関係ない様な気がしますけど、
決める勇気がありません。
選ぶのは難しいですね~

  • 2014/12/10(水) 20:56:32 |
  • URL |
  • rimix #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

rimix さん、コメントありがとうございます。
> 私の設定価格帯で、ご意見が欲しい感じです。(笑)
> ~5万は、機械的な量産品(当たりもあるかも?)
コスパという意味ではあたりは、どの価格帯でもたくさんあると思います。
> 5~10万は国産の良いものが買えそう。(それなりだけどハズレは少なそう)
今は、パーツは海外のお安いもので、組み立てだけ国産のものも多いと思います。
その場合、国内でのクラフトマン調整という意味でははずれは少ないと思われますが、
どうしても限界がありそうです。

> 10~25万、国産の上等品と海外の普通品。(海外はハズレもあるぞ!)
国産でも材料からクラフトマンがちゃんと作っている価格ではないかと思います。
海外製は、20万円代まで量産品も多いと思うので、はずれは多そうですね。
実際、GibsonUSAは、自分も好きで買いましたが、この価格帯でも量産っぽさが露骨に感じます。
対して、日本製は、クラフトマンの手作り感がニジミ出ています。
> 25万~私にとって贅沢品。(笑)
> 値段の誤差は多少ありますが、こんな感じで考えてます。
> ただ、これだ!と思ったギターは値段はあまり関係ない様な気がしますけど、
> 決める勇気がありません。
> 選ぶのは難しいですね~

お値段が高いほど、思いきらないと買えないですよねw

  • 2014/12/11(木) 00:11:50 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://breezerock.blog.fc2.com/tb.php/204-b5372ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad