Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

多くの種類がある Jazz III ピックを並べて見ました

Jazzピックは、強いストロークの演奏には向かないと思いますが、
エレキ、アコギ問わずリード、ソロギター、軽いカッティングの演奏時には大変重宝します。

Jazz ピックは、各社から販売されていますが、
小さいサイズのティアドロップ型のピックで、厚さが大体1mm前後のものとなります。
といっても、形も様々で指で挟むと見えなくなるほどホントに小さいものもありますし、先端が丸いものもあります。

私は、中でも Jim DunlopのJazz IIIピックを愛用しているのですが、
種類がたくさんあり、買い増ししていくうちにたくさん集まったので、並べて写真を取ってみました。
JAZZIII.jpg
上左から、下右に向かって、
1.Jim Dunlop ULTEX Jazz III
 爪の感触に近いと言われるULTEX製です。比較的柔らかい音を出せます。
2.Jim Dunlop Eric Johnson Jazz III
 Eric Johnsonさんが使用しているヴィンテージJazz IIIから型を復刻したものだそうです。
 通常のものより微妙に大きい感じ。
3.Jim Dunlop Max Grip JAZZ III赤、黒、灰
 滑り止めの凹凸があるタイプのJAZZ IIIです。赤と黒はナイロンで、ちょっと灰色に近い黒のものがカーボンです。
 カーボンは滑り止めに加え、少しざらざら感があります。
4.Jim Dunlop John Petrucci Jazz III
John Petrucciさんの要求に沿ってデザインされたUltexピックだそうです。
 JPマークが滑り止めになっていて、先端がV字になる型になっています。
 Eric Johnsonモデルよりさらに大きめな感じです。

当初は、ULTEXを良く使用してましたが、気持ちの問題かもしれませんが、
滑り止め付きのものを最近は良く使用します。
John Petrucciモデルは、最近購入したので、まだ弾き心地はわかりませんが、
滑り止めと言いつつ艶あり加工になっていて、通常のものより滑りやすい気がします。

---

興味深いねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ピックは奥が深いと言いましょうか、『これ!』というものがあったのですが、今は売ってないんです…。(T_T)
私もいろいろ試してるんですよ、ここ3年…って、再開した頃からズットです。
ぶりさんは、何となく決まりそうですね。
私は、まだ検索が続きそうです。
そんな訳で、ピックネタも準備してたのですが、流れ的に少し先になりそうです。

  • 2014/09/16(火) 18:26:41 |
  • URL |
  • rimix #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

rimix さん、コメント有り難うございます。
> ピックは奥が深いと言いましょうか、『これ!』というものがあったのですが、今は売ってないんです…。(T_T)
> 私もいろいろ試してるんですよ、ここ3年…って、再開した頃からズットです。
ピックも慣れがあるので、また良いのが見つかればよいですね~
> ぶりさんは、何となく決まりそうですね。
場合により変えてますが、大体きまってますね。
ストロークの時は、おにぎり型ですが、先が少し鋭いタイプのものを使用してます。
単音弾きの時は、Jazzが多いですが、音がシャープになるのでティアドロップの大きめで先が少し鋭いものを使ってます。

> 私は、まだ検索が続きそうです。
> そんな訳で、ピックネタも準備してたのですが、流れ的に少し先になりそうです。
なるほど~
大昔にリッチーさんのピックというホームベース型の小さいものがありましたよね。
思い出して、ケース内を確認したらYamahaのもので4枚もありました、rimixさんならお持ちなんではないでしょうか。

  • 2014/09/21(日) 23:00:42 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://breezerock.blog.fc2.com/tb.php/193-0f992910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad