Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

初心でやりなおし

ギターで音を自由に奏でるためには、指板上の自由な場所で、
コードや所望の音を自由に出す必要があり、
そのためには指板のキーの位置、当然ながら、
その周辺のスケールを覚える必要があるんですよね。

いろいろ調べてみると、初心者用指板把握のために
リットーミュージックが公開している
”初心者のための指板くんのギター講座”というページがあり、
指板全体を把握するために非常に参考になり、進めています。
http://port.rittor-music.co.jp/guitar/column/guitarchord/

将来、DAWで曲も作ってみたいと思っていますが、
作曲のためには、いろいろなコード勉強もしないとだめだという壁にもぶち当たっています。
パワーコードから始まって、テンションコード、分数コード、代理コード
その上で、ブルース進行、ロック進行があるんですよね。

あとトモ藤田さんの本でも言っていますが、きれいな音を出すためには、
左手の運指、右手のピッキングもやり直しています。

○コード理論
○ギター指板把握
○きれいに弾く技術

を中心に、初心に返ってやり直しをしています。
今は、良い本や良いWebもたくさんあります。
昔(学生の時)あればなあ、なんて思ってしまいます。


ブログランキングに参加してみました~(ポチッとな)
スポンサーサイト

コメント

理論を学ばれるのはたいへんですね。
リッチーコッツェン は理論は全く解らないと言ってました。
幅広いジャンルを習得するには必要になってくるのでしょうか?

  • 2012/04/08(日) 23:46:58 |
  • URL |
  • リッチーエリックボーン・ペイジリックス #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 理論を学ばれるのはたいへんですね。
> リッチーコッツェン は理論は全く解らないと言ってました。
> 幅広いジャンルを習得するには必要になってくるのでしょうか?

音感が良い方は、理論とか必要ない場合も多いかもしれません。
ジミヘンが理論を勉強していたとは思えないですし、
リッチーコッツェンも幼少の時にピアノをやっていたらしいので、
やはり音感が非常に優れていたのでは無いかと推測します。

自分は、プロでは無いので楽しみの幅を広げる目的ですかねえw
たとえば、好きな曲を流しながら自分のアドリブをつけるとかやりたいです。

  • 2012/04/09(月) 21:51:22 |
  • URL |
  • ぶり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://breezerock.blog.fc2.com/tb.php/19-17e795f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad