Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yamaha サイレントギターSLG110N 音だし

Yamaha SLG110N(サイレントギター)を購入しましたが、音出し 録音してみました。

サイレントギターというだけあって、アンプを接続しない場合は、音はほとんどせず、夜中に弾いても全く問題ありませんし、おそらくは、スチール弦よりも、さらに消音されると思います。
こんなに音がしないのに、アンプを接続していい音が鳴るのかと思いますが、一旦アンプを接続すると、温かみのあるガットギターの音して、自然な音づくりがされております。
響きに関しては、当然生ギターには勝てないとは思いますが、アンプへ接続したときの優位性もあり、比較相手がエレガットだとすると、アンプに接続した後の音は、個人的には音作りも含めて、さほど遜色ないですし、むしろ、ハウリングは発生しないですし、むしろ好印象でした。

録音は、先ず、生音→リバーブ1→リバーブ2→コーラス→エコー という感じで、内臓のエフェクトをとってみました。
録音構成は、 SLG110N→MG44→Orangeキャビ→SM57→UR22
test_effect-01.mp3

ギターは、やはり響きが命の部分もあり、単純な生音は良い音という感じではないですので、リバーブかエコーは必須かもしれません。

次に、曲を弾いてみましたが、Eaglesの Desperado のさわりと練習曲です。1週間ほどしか弾いて無いので、それなりですw
構成は、同じですが、EPブースターとエフェクトは内臓のものでなく、TCのFlashDelayとCRONAChorusをつかってます。



Windows10にしてから、初めて録音で、Win7からのアップグレードソフトですが、ソフトを完全に入れなおしたり、それなりに時間かかっちゃいました。※OSの入れ替え後は、めっきり録音が少なくなるw

---
記事閲覧有難うございます~宜しければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。