Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yamaha サイレントギター SLG110N (ナイロン弦モデル) 買いました

以前からLee Ritenour氏も使用しており、試奏でも音の感触がよかったという経緯もあり、
Yamaha サイレントギター(ガット)は、かなり前から狙っていたのですが、
新モデルSLG200Nが発売され、旧モデルのSLG110Nがお安くなったタイミングで購入しました。

Yamaha の Silent Guitarには、大きくスチール弦モデルとナイロン弦モデルがありますが、
型番の最後にSがつくモデルがスチール弦モデルで、Nがつくモデルがナイロン弦モデルとなります。
さらに旧モデルには、ナイロン弦モデルに、ネック幅が細身の110Nと
クラシックギターとしても使うように、ネック幅の広い130Nというモデルもありました。
最新のモデルは、幅広ネックの需要がないのか、ネックが細身の200S と200Nの2モデルに集約されています。

IMG_0076.jpg
IMG_0078.jpg

送付されてきたときは、箱がやたら小さいので、ちょっと驚きましたが、
上半分のフレームが取り外しができるようになっているので、収納時は非常にコンパクトです。

IMG_0082.jpg

両側のストラップピンがフレームの固定ネジと兼用になっていて、フレーム取り付けは非常に簡単にできました。

IMG_0080.jpg

IMG_0081.jpg

他メーカーでも後発のサイレントギターはありますが、デザインはやはりYamahaがピカイチですね。

IMG_0156.jpg

写真の左側が、角電池を入れるところですが、ピックガード側にACアダプタも付けられるようになっているので、
練習の時は、ACアダプタが良いかもしれません。
右側には、AUX INとVolume調整つまみ、AUXの並びに、アンプ接続用OUTがあります。

IMG_0157.jpg

つまみ類は、左からエフェクト選択(リバーブ、コーラス)、Volume、TONE CON、PHONE ON/OFF がついています。
機能的にも、練習から本番まで、必要十分な感じでしょうか。

最近、弾いてみた動画も上げてませんが、音だし練習ついでに、なにか上げてみたいと思ってはいます。

---
記事閲覧有難うございます~宜しければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。