Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっこよすぎる Deep Purple Lazy をJimmy Barnes & Joe Bonamassaがカバー


Deep Purpleは、中年のアイドル的存在でしたが、その中でも マシンヘッドに入っていたLazyが、
私の中でのDeep Purpleの中でも一番好きな曲となります。
そのきっかけは、やはりLive in Japan のLazyの迫力ですが、あの掛け合いからの盛り上がりは最高です。

そんなLazyを、Joe BonamassaさんとJimmy Barnesさん等が、 Deep Purple のLazy をカバーしているじゃないですか。
かなり前に公開されている動画なのですが、最近見つけカッコよすぎて何度も見てしまいました。
原曲の音とイメージを完璧に再現しつつ洗練されたらこんな感じになるんだろうなといった完璧な演奏を見せています。
凄すぎて、感動ものですね。



Joe Bonamassaさんの演奏も凄いですが、Jimmy Barnesさんの声がイアンギランの全盛の声に激似なんです。
オーストラリアのロックシンガーで有名な方らしいのですが、恥ずかしながら知りませんでした。
本当に良い声で、アルバムを早速入手しようかと考えてます。

---
記事閲覧有難うございます~宜しければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

K.Yairi RF-95 Cusotm ~ その後と音だし、指弾き編

ストロークに続き、指弾きの音出しです。
演奏が付け焼刃なので、十分に表現出きてないとは思いますが、とりあえずの動画を録ってみました。
ストロークのバランスも良いですが、単音の音、指弾きの音のきらびやかさもあります。
下手くそでもそれなりの音が出せているので、練習して上手く鳴るようにすれば、良い音が期待できるかもですw



- Guitar : K.Yairi RF-95 Custom
- Effecter : None
- IF: ShureSM57→Steinberg UR22
- DAW : Cubase 7 AI

---
記事閲覧有難うございます~宜しければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。