Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS (Gene Simmons, Paul Stanley, Tommy Thayer) 2014ツアー 最新使用機材

2014ツアーでの KISS Gene Simmons, Paul Stanley, Tommy Thayer の最新使用機材紹介の動画がありました。

Tommy Thayerは、自ら説明されていて、気さくな感じで好感もてます、12年正式メンバーとしていても天狗にならず、KISSというバンドを尊敬している感じを醸し出しているところもいいですよね。KISS は、Aceの印象が強すぎて未だに初代メンバーの画像がKISSの代名詞みたいに世の中に出回っているのが少しかわいそうに感じます。

機材ですが、アンプは、お馴染みのHughes&Kettner Tommy Thayer Signatureですが、ロイヤリティーをロサンゼルス子供病院に全て寄付しているという話もTommyらしいですよね、素晴らしいです。
ギターは、カスタムショップの新しいレスポールが紹介されていて、ホワイトにブラックのバインディングが入っており、ピックアップはお馴染みのネック、ブリッジがカヴァード、アンカバードです。スイッチ、つまみ類、エスカッション、ピックガードまで全てクローム仕様になっており、本当に美しいギターでシグネイチャーが出たら買ってしまいそうですw(Epophoneなら買えるかもしれないけど) エクスプローラーも使用していて、中域がレスポールと経験上微妙に違うので使用している様なことを言ってますね。ギターNo.1としての紹介は、カスタムショップGibsonで、 Custom Shop '59 Standard に Seymour Duncan JB pickups、ネックプロファイルは1960にしている様ですね、これも美しいです。

Paul Stanley のギターは、Paul Stanley Signature の Washburn PS 2012 Starfire で、Paulらしいキラキラ仕様です。ピックアップは Seymour Duncan Custom5 、ネックは59プロファイルという感じです。あと、Ibanez Paul Stanley PS-10 Icemanも登場したので、非常に懐かしかったです、今も使ってるんですね。アンプは、ENGL RITCHIE BLACKMORE SIGNATURE 2発(他のエフェクターは無し)That's all という感じで、機材もRockな感じで非常にかっこいいです。

Geneの機材は映像で確認して頂くとして、技術の進歩で有線と同等の品質になっているのでしょうけど、無線設備は今や当然の如くなんですね。


---

いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Larry Carlton / Room 335  Cover

夏休みの目標の”Room 335”を1曲弾ける様になろうという目標の下にやっと録音できました。
夏休みもなんなく明日で終わり(悲しいかな)なので、いつもの様に一発録りをしています。
LarryCarlton.jpg

録音でのMIDIオケのテンポは120の15%ダウンの102ですが、短期間での限界でしたw

今までもそうですが、弾ける様になるには下記のような段階があり、
現時点で、2と3の間くらいでしょうか。

1.フレーズを覚えるスピード =60%~70%
2.フレーズを覚えて少し練習してなれてきたレベルのスピード=80%
3.かなり練習しないと弾けないスピード=90%
4.長期間指に覚え込ませないと弾けないスピード=100% 




- Gutar : Tokai Tokai LS92 (Neck:DiMarzio PAF36th)
- Effecter : AMPLIFi FX100 ( 音作りはオリジナルで近い音つくってみました )
- IF: Steinberg UR22
- DAW : Cubase 6 AI


---

がんばってるなっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

夏休みに Room 335 を ~ 久々に演奏を、録画しました

ギターを弾くのは毎日続けているのですが、
著作権を気にしだして以来、それを理由にwすっかり演奏動画を撮るのをサボっていました。
正月に立てた目標も全く実施出来ず、今に至っている訳ですが、
結局、その時に弾きたいものを弾くのが楽しいので、目標なんて決めるべきでは無いのかなぁと思う今日この頃です。

以前動画を撮っていた時は、1曲を仕上げるまでの目標感というか、モチベーションがあり、
今はというと、曲を完奏するわけで無く、好きなフレーズをつまみ食いする日々です。
考えて見ると、動画を公開する行為というのは、誰かに見てもらうということもありますが、
自分の中での1曲仕上げるという目標意識を上げられる効果があるのかもしれません。

ということで、夏休みということもあり、何か1曲弾ける様になりたいと思い立ちました。
いろいろ考えたのですが、今マイブームがLarryさんに再来しているということもあり、
中高年のフュージョンギターの憧れ、Larry Carlton”ROOM 335”を弾いて見ることにしました。
Larry Carltonというアルバム、日本では”夜の彷徨”という邦題で発売されたのですが、
その中に入っている超有名曲ですが、1977年の発売ということで、37年前なんですねこれ。
良い曲はいつまでも名曲ですね。※同時に自分がいいおやじだなぁと痛感する
LarryCarlton.jpg


遠い昔、早引きの前までは、有名なフレーズなので弾いたと思うのですが、早引きに入った瞬間に諦めた気がしますw
とはいえ、あんな早弾きはすぐには無理ですので、先週くらいから、テンポを遅くして覚えることから初めてます。
夏休み中、遅いテンポで1曲覚え、完奏を目指したいなあという感じです。

ということで、先週の日曜くらいからやって、やっと前半が覚えられましたw
ROOM 335は、ギターの入門的なイメージがなぜかあったりますが、私にとってはとんでもなく難しいです。

音源はMIDIで、先ずは120くらいのテンポを100に落として、1発録り動画を録画しました。
テンポ落としても1曲弾ければ、気持ち良さそうなので、モチベーション少し上がってますw
120なんてどのくらい時間かかるだろ~



- Gutar : Tokai Tokai LS92 (Neck:DiMarzio PAF36th)
- Effecter : AMPLIFi FX100 ( 音作りはオリジナルで近い音つくってみました )
- IF: Steinberg UR22
- DAW : Cubase 6 AI


---

がんばってるなっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

Tak Matsumoto氏の New Horizon が聞き覚えがあるフレーズでした

今年、Tak Matsumoto氏が2年ぶりのインストアルバム ”New Horizon” を出されましたが、
Larryさんと親交が深いのもあり、興味があって購入していました。

New Horizon を聞き始めた時に、絶対これは聴いた事があるフレーズと確信していたのですが、
先日これが何かが判明し、のどにつかえたものが取れた気がしましたw
あくまでも私の主観なので、全然違うよ~と思う方もたくさんおられると思いますので、悪しからず。

New Horizon


Magician


最近、Larry Carlton ブームが自分の中で再来していて、引っかかっていたものはこれだと確信しました。
思いついたイメージを曲にしただけとは思いますが、イメージ親交(影響は当然受けている)が深いかもしれません。

---

同感っと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

Keeley STAHLHAMMER Distortion 良いですね

Keeley STAHLHAMMER Distortion が出ましたが、私好みのブリティッシュ歪みサウンド最高です。

Stahlhammer は、LM1458オペアンプを使用したディストーション・ペダルで、
チューブアンプ 3バンド(Bass/Middle/Treble)EQを搭載しています。
サイドにあるGainスイッチは、Tube Amp CrunchモードとLeadモードの切り替えが可能です。



実際に日本でも購入出来る様になったらこれは、買いですね。

---

いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。