Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

これぞワールドカップ ブラジルxチリ 感動しました

ワールドカップ決勝トーナメントの初戦、いきなり決勝の様な対戦となりました。

南米のチームは地の利を生かし、どのチームも最高の状態に仕上げてきますが、
チリは特に技術だけでなく、今大会は特に魂が入っています。
生き埋めから奇跡の生還で話題にになった人達がチームの応援CMが熱いですが、
本当にワールドカップでの勝利に向かって熱いものを試合を通して感じました。


互いに試合開始から、リミッター無しの最前線でのプレッシャーでボールの奪い合いで、
相手の動きを封じ、その中でも精度の高い切り込みで、少ないチャンスを
ビッグチャンスに繋げていました。さらに、最後の最後のきわどいところでも、
全力で阻止しにいくという試合運びで、延長も含め、120分最後の最後まで
その勢いは互いに衰えることはありませんでした。
あっという間に120分が過ぎ、まもなく延長終了というところで、
怪我でテーピングぐるぐる巻きで最高のプレーをし続けていたチリのメデルがとうとう離脱し、
さらに、足がつって引きづりながらプレーするネイマールを見たとき、
これがワールドカップだなぁとPK戦に入る前に涙がでてきました。

PK戦でもホントに凄い集中力で、結果を出すのが残酷なくらい最後の最後まで感動ものでした。
ブラジルは、チリの思いを背負い2回戦に進む感を否めないわけですが、もうここまで来たら優勝して欲しいと思います。
ただ、決勝トーナメント2回戦も、コロンビアxウルグアイの勝者で、山場となるのは必至です。

本当にワールドカップは、いろいろな意味での最高のサッカーが見られるので、
各国の選手がその参加に憧れる気持ちが分かりますし、
それと同時に、各国の全チームがどの試合も人生をかけるほど全力で戦っているのも感じます。
今週は決勝トーナメントで盛り上がりますが、どんなドラマが展開するか本当に楽しみですね~

---

ギター、音楽とは関係ない話題ですが、いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ザッケローニさん、道半ばで退任ですね

また、サッカーの話題です。

ザッケローニさん、退任のニュースがありましたが、ちょっと微妙な感じがしました。
攻撃の形は出来てきたものの、ワールドカップでそうそう点が取れるはずも無く、
取られたら取り返せば良いという楽観的な戦術が通用しない事が明確になったのが
本大会だったと思います。

4年間を振り返り、日本の攻撃サッカーが思う様にできるのは、
相手陣内バイタルエリア付近までプレッシャーが少ないケースだけであり、
サッカーは攻守のバランスのゲームですので、今回の大会の様に、
ディフェンス力の高い相手にたいし、今回のノーガード戦術では、ミスが少しでもあると、
簡単に点を取られるのも明らかになりました。

---

コスタリカが台頭したように、ちょっとした選手選定とか戦術で、イタリア、イングランド、ウルグアイ
相手に1位通過してしまうと言った事実を考えても、短期決戦ではちょっとしたことで、
流れを作ることが出来たりします。

そういった意味で、ベスト8くらいまでは、日本代表でも私個人は十分いける可能性はあると
感じていることもありますが、
一方、監督を変えると、その都度強くなるわけでもなく、
ザッケローニさんが、中途半端な状態で退任(継続したいという意思をすこしでも示さない)するのは、
最後にいくら格好良い言葉を発しても、
やはり、逃げ(日本のサッカー発展の貢献でなく、単に仕事でしかなかった)の様な気がしてなりません。

センターバック2枚と、ディフェンシブのブランチは、かなり強力なディフェンス力が必要なので、
おそらく、ディフェンスはメンバーの選出から考え直す必要があるとは思いますが、
なぜ、攻撃の形が4年である程度できたから、
次は、攻撃のバリエーション(速攻)とディフェンスのバランス部を鍛えて、
完成させようとしないのか、関係の方々もなぜそう考えないのか、不思議でなりません。

最下位で予選敗退ということもあり、サッカーを良く知らないマスコミが、
手のひらを返すように、世界に全く通用せずという報道にも問題があると思いますが、
監督交代によりまた日本サッカーのやり方にリセットがかかり、
次の大会もベスト8までは延々と行き着かない気がするので残念です。

むしろ、韓国がホンミョンボ監督で、今回の経験を生かしてチーム作りを継続すれば、
次のワールドカップでは、韓国は日本より大きく前進するような気がします。

今の日本のやり方はどうだろ~スポーツ庁ができれば、少しは変わるかな。。。

---

ギター、音楽とは関係ない話題ですが、いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

日本代表 進歩しているところ

日本代表 お疲れ様でした。

今回の対戦が決まった時点で、
1.コートジボアール:勝ち
2.ギリシャ:引き分け以上
3.コロンビア:負け
を私自身はイメージしていて、勝ち点4で決勝トに上がるというイメージでしたが、
やはり、結果論ですが、やはりその通りで1戦目が全てだったと言う気がします。

<良かった点>
青山選手、山口選手、森重選手 などは、今大会で良さが多くでていて、今後主力になる存在に成長したことと、
サイドの長友選手と内田選手は、期待通りの動きは出来ていたと思いますので今後も期待が持てる感じがしました。

<悪かった点>
攻撃陣が似たような選手で、人数がある程度かけないと点が取れないため、
相手のキーマンがいたり、カウンターが早い場合、後ろに人数がかかるため、すぐに点が取れなくなる。
同時にディフェンスが薄くなりカウンターでの簡単に失点する。

<<今後に期待>>
攻撃のバリエーションが必要で、入れ替わりながら少人数で攻撃出来る様な構成にする。
パスだけでなく、スピードがありカウンターで点が取れることは必須だと思いますし、
柿谷選手、香川選手は今後こういう攻撃でキーマンになり得る選手と思います。
あと、岡崎選手の様なこぼれ球とか、サイド攻撃でヘディングで点が取れる選手は重要と思います。

---

ギター、音楽とは関係ない話題ですが、いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

アジア勢がんばってます-日本代表も最後に沸かせてほしい

またワールドカップの話題ですが、昨日のイランの試合には感動しました。
アルゼンチンも決して悪くは無かったと思いますが、あそこまで勝ってもおかしくないと思わせる試合を
ナイジェリア戦に引き続き行ったのは、本当に凄いと思います。

スピード、体格、高さ、個の力を防ぐ戦い方、グループリーグ(予選リーグ)でのアジアのチームの戦い方を、
アジアの国の勝ちスタイルにはまるスタイルをイランの試合運びで証明された感じがします。

---

ヨーロッパ、南米、アフリカ等、のチームは、体格、高さ、個の力は当然優れており、
技術、体力、組織力だけで、本気の試合でまともに戦ってもアジア勢は劣勢になるに決まっています。
当然、勝つ確率もそれだけ低くなると思います。

イランの戦い方の基本は、
バイタルエリア(ペンルティーエリアの周りのシュートレンジ)に入る前のところからセンターサークルの間に、
下がり過ぎないところで前目からディフェンシブにゾーンに個を封じるために人数を集中して、
コンパクトに全員でディフェンスを基本とし、
チャンスがある時にスピードとコンビネーションでチャンスを作る形です。
ディフェンシブだとつまらない試合だと思われがちですが、
イランの試合は積極的ディフェンシブな試合で、見ていて可能性も感じましたし、最後までわくわくしました。

アルジェリアxベルギーでのアルジェリアにも同様な戦術を感じましたが、
あちらは、後半ベルギーの策略だと思いますが、意図的にボールを持たされて、
我慢できずにディフェンシブな体制を崩した瞬間に点を決められて負けました。
そこまでは、完璧にベルギーを押さえており、一瞬の駆け引きが勝敗を分け、
ワールドカップらしい本当に良い試合でした。
アルジェリアも、イランの様に徹底すればアルジェリアも1x0で勝利してたかもしれません。

グループリーグでは、勝つというより負けない戦術が一番重要となります。
リーグを負けない戦い方をしつつ、つまらなくない試合にすると言うのが、
今後の日本代表にも参考になるだろうなぁと感じました。

---

なんといっても、
日本の敗戦理由は、過去最高のチームと言われ、
世界的なクラブチームでの活躍選手が増えてしまったために、
世界の中で全てが対等であるという勘違いがあり、
さらに、前回大会でグループリーグで勝ててしまったことと、
練習試合で、攻撃、守備を確認するために、どの国も引いて守ることは無いので、
良い試合が出来ているように見えたのが落とし穴だったとも思います。

日本の攻撃的サッカーが駄目ということでなく、負ける確率も高い戦い方なので、
それ一辺倒(大会中の策が少なすぎる)である時点で、
グループリーグ敗退するのは驚く事では無いと感じます。

---

日本xコロンビア戦では、
オリンピックで、フィギュアスケートでの浅田真央選手の様に、気持ちの切替をして、
ここまできたら、勝敗は置いておいて、今のチームの最高を見せて欲しいと感じます。
※朝5時起きのために、明日から早起き練習しようw

---

ギター、音楽とは関係ない話題ですが、いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

日本代表、攻撃的パスサッカーを売りにしてるけど。。。

ワールドカップ南アフリカ大会優勝のスペインがオランダに大敗しましたが、
そんな中で、日本代表も攻撃的パスサッカーと称するサッカーを前評判として宣伝しまくって
コートジボアールに完敗しています。

負けたのは結果論でしょという意見の方も多いと思いますが、
明らかに日本のキーマンや戦術を研究されており、封じられていたと感じましたので、自分なりに分析してみました。

練習試合で良い試合をしたのに、なぜ本番で駄目だったのか?

---

まず、スペインが大敗した試合のオランダの戦術ですが、
いわばパスサッカーの弱点をつくパスサッカー崩しの戦術です。
ポイントは、
中盤のキーマンに常に強いアタリでタックルを食らわし、
じわじわ体力削り精神的に疲弊させることを始めに行い、
後は半ば強引にボールを奪い足の速い選手で素早いカウンターを繰り返す戦術です。
そうなると、中盤の選手だけでなく、だんだんディフェンダーもボールを常に追いかけることになり疲弊します。
さらにフォワードも孤立し前線に球が回ってこないので、相手エリアに必要以上に移動することになり、
体力も完全に消耗しますし、シュートが当然うつ機会がなくなります。

本当に強引な戦術ですが、サッカーというよりは相手を削ってなんぼの戦いになっていて、
これをやられるとカラダの小さいテクニック系の国はほぼ全滅になりそうですね。
やはり、前回大会でスペインが奇跡的なパスサッカーで優勝していますが、
世界的にこれを崩す戦術が確立されているということでしょうね。

ワールドカップともなると、アタリもスピードも世界レベルであり、
スペインなどと比べてもパスサッカーとしても技術レベルのかなり劣る日本は、
スペインが研究去れ尽くされている現状では、かなり厳しい戦いになるのではないでしょうか。

---

とうことで、負けた理由は、唯一、
本気の戦いの中では、まだ世界に通用するレベルのパスサッカーは出来てないという事だと思います。
※スペインでも戦い方(戦術)によりぼろ負けする世界です

何度も日本xコートジボアール戦を見直しましたが、
対して、日本が負けた試合は、それ以前の問題で、アタリもびくともしないですし、
走らせれば皆日本の選手よりも足も速いので、削るまでもなく、
球際の寄せとスピード、カウンターのスピードだけで、特に汚いアタリがあったわけでも無いですが、
日本選手は身体能力の差でどんどん疲弊していったように思います。
なので、ドログバの精神的後押しはありましたが、時間の問題であったかなぁと冷静に思ってしまいました。

そんな状態でどうやったら、ギリシャ、コロンビアに勝てるのかですが、個人意見として考えてみました。

先ずギリシャですが、
ギリシャはゾーンディフェンスで守るタイプですので、ある程度パスサッカーができるという予想をします。
あとは、堅いディフェンスをどうやって崩すかが個人技が必要なので、清武選手サイドに入れて、
実績のある岡崎選手をワントップに据えるのが、本田選手、香川選手を最大に生かす方法かと思います。
遠藤選手が故障がかなりひどいと思いますので、中盤で持てる斉藤選手も救世主として抜擢しても良いかと思います。

次に
コロンビアは、コートジボアールよりボールの精度、スピードも、カラダのアタリもあるので、
売りにしている日本の攻撃サッカーをしようとすると、中盤でボールを取られて、
厳しい様ですがどんどん疲弊していきコートジボアール以上に大量点で負けることになると感じます。
そこで、勝つためには、どうすればよいのかですが、
意図的に時間をかけて大きく左右に振りつつ、相手にボールを出来るだけ持たせないことが必要で、
前半から、身体能力差で疲弊することを考えても、
体力をできるだけ温存する、サイドからのオーソドックスな攻撃とゾーンディフェンスでディフェンスの枚数を
多めにしていくしか無いと思います。
なので、今野選手などディフェンスよりにしつつ、長友選手、内田選手を最大限生かすのが良いかと思います。

と個人的に勝つための戦術を考えますが、
実際は、たとえ撃沈するとしても、唯一のよりどころである宣伝文句の 攻撃的サッカーをするでしょうし、
裏ではそれを本番で一度でも実現してみて欲しいという気持ちもあったりします。

ただ一方、ワールドカップの途方も無い厳しさもあると思いますので、
ワールドカップ優勝するとか口にだすなら、泥臭くても勝利にこだわる戦い方をするのが、
出場している他のレベルの高い出場国に対して誠実な気もします。

好き放題書いてしまいましたが、日本代表が今後ベスト8に入れる夢を抱きつつ、書いています~

---

ギター、音楽とは関係ない話題ですが、いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

サッカーワールドカップ 日本代表いよいよ明日初戦ですね

今回は、初めて音楽、ギター以外の話題かもしれません。
ギターは続けていて、新しい機材購入とか、いろいろ書きたい話題はたくさんあるのですが、
仕事が忙しくて最近全然更新できない状況だったりします。
(かなり書きたい話題も裏では増えていたりしますけど、時間が~)

ということで、
サッカーワールドカップ ブラジル大会ですが、いよいよ明日、日本代表の初戦ですね。
ワールドカップは毎回楽しみにしているのですが、今回も本当に楽しみです。

個人的にも盛り上がっていて、レプリカユニフォームで応援したいところですが、
名前が入ってないものでも結構なお値段だったため、
今回は経費節減で、アイロンプリント用紙を購入し
既存の青いTシャツにレプリカ風のデザインでTシャツを作ってみました。
P1020558.jpg

出來は完璧とは言えないですが、応援するには十分な出来映えかなぁと思っていますw
番号ですが、代表選出メンバーは、23人ですが、24番を帯同のシェフさんがの方がコックコートに付けているのを知り、
それならその次ということで25番を付けさせて頂きましたw

頑張れ~日本!

---

ギター、音楽とは関係ない話題ですが、いいねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

FC2Ad