Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS Alive マラソン(9) / Alive! - Parasite

KISS Alive! Parasite のカバー演奏してみました。
Ace が作った曲は、アルバム毎1曲くらいずつしかないのですが、初期の時代に作った名曲です。
演奏はAlive!版ですが、ファーストアルバムと同年に出たセカンドアルバム:Hotter Than Hellに入っている曲となります。

余談ですが、Hotter Than Hellのアルバムジャケットなんですが、したの方に「力」という字が書いてあったり、メンバーの名前がカタカナで書いてあったり、日本を意識したアルバムっぽいのですが、日本デビューはその当時まだで、未だに謎となっています。「力」は、今では”ちから”として利用されていますが、当時は、レコード会社の頭文字のカタカナのカだったという説もあるらしいです。



接続:[Guitar:Gibson Ace Frehley Budokan Les Paul Custom]-(LINE)-[Yamaha THR-5]-(USB)-[PC]
音:Yamaha THR-5 BRIT HI
音声&映像MIX:Sonar X1 LE+Movie Maker

---

もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今日は、KISS Paul Stanley の誕生日

今日 1月20日は、KISS Paul Stanley の61歳の誕生日です。

言わずもがなですが、
KISSでは、Gene Simmonsと共にほとんどの楽曲を、作詞作曲、かつ、ボーカルもしており、現在も創設オリジナルメンバー、フロントマンとして活躍しています。目に★、真紅の唇が印象的なThe Starchild のキャラに扮します。声、ルックスともに良いので、KISSの中でも結成当初から人気は高く、Paul Stanleyから入ったKISSファンも多いのでは無いでしょうか。

リズムギター主体で、本人はリードギターリストになりたいと考えたことは1度も無いといっていますが、リードギター自体におそらく興味が無いだけで、練習時の撮影ビデオなど見ると誰よりも練習熱心で最高のテクニックをもってます。メインギターで歴代の有名どころは、アイバニーズ:アイスマン、ギブソン:フライングV、エクスプローラーなどで、現在はワッシュバーン:PS、PSV となります。他にも、レスポールモデルやダブルネックなども使用しています。

Paul Stanley と言えば、私の中だと、ギターでBlack Diamond、曲でヘルメットが印象的なFire House ですね、やっぱ。


1975年で、この映像のクオリティーの物があるとは凄いですね。ピーターのドラム破壊がありますが、KISSはそれぞれ、見せ場を作り見ている人を楽しませることに徹してます。ポールのギターが見慣れないレスポール(当時はIbanezを使っていたころなので、IbanezのLPタイプモデルだと思います)だったり、エースのギターもまだ3連PUじゃない時代です。



バンドとしは、1970年結成ですが、KISSに改名されたのは1973年で、今年40周年を迎えます。
個人的には50周年までもやってほしいと願っています。

もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

Orange Micro Terror&PPC112 : マイク試し録り

今日は、Orange Micro Terror+PPC112 のマイク録りの試し撮りに挑戦してみました。

機材、設定は、以下です。
- Guitar : Tokai LS-92 + Bridge(DiMarzio Super Distortion)
- Mic : Shure SM57 (Balance)
- Audio IF : Roland UA-22
- Software : Sonar X1 LE
- AMP : Orange Micro Terror+PPC112
       Volumeは、ほんの少し上げた状態で、Gain3時くらい、Toneセンターくらい
- Effecter : なし

マイクの立て位置は、ネットと5mm位の距離、スピーカーの右下くらいに垂直に設置してみました。
ダイナミックタイプのマイクは、3cmくらいの距離が基本らしいがスピーカーに触れるくらいまでちかづけるとよりダイレクトな音になる、とか、基本はセンターだが、スピーカーのセンターから外したたてた方が、録音時のバランスが良く、音の抜けも良い(ただし、低域は薄くなる方向)などというプロの方の記事がありましたので、そのようにやってみました。
マイクの立て位置で、音が変わる実験などもしてみたいなあと思います。

IMG_0163_2.jpg

楽曲は先日に引き続き、GUNS Night Trainの 一部分をやってみました。
初めてなので、良い感じなのかどうかわかりませんが、実際に耳で聴いた音に近づけるのはまだまだ難しいです。



[VOON] orange_test

---

もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

Orange Micro Terror&PPC112 : 試し録り GUNS Night Train

先日購入した Orange Micro Terror&PPC112 の 話です。

Micro Terrorは、プリアンプ部に12AX7の真空管を使用していますが、パワーアンプ部はソリッドステートという設計になってます。20W出力なのですが、外見を良い意味で裏切るものすごい音圧感があり、自宅でのVolumeは9時ますら上げられないのですが、Gainを上げていくとボリュームをさほど上げなくても気持ち良い真空管のオーバードライブサウンドが体感出来ます。パワーアンプが真空管だとその恩恵を受けるにはかなり大きな音を出す必要があり、改めて自宅では必要無いかなあと実感しました。
※Marshallの50th 1wモデルは欲しいですが、他の方のレビューで0.1wでも自宅で厳しいという話もあり、自宅でMarshallの恩恵を受けるには、防音室が必要になるのかなあ何て想像します。


PPC112のCELESTION VINTAGE 30 12インチスピーカーがかなり起因していると思いますが、低音の音圧感や豊かな伸びがある良い音が出て、自宅練習用としては、十分すぎるほど良い選択だったかなあと思います。

今日は、GUNS Night Trainの Solo部分を付け焼き刃ですが練習中の風景wを、Xacti で録ったままの映像ですので、音はなにかと良く無いですが、低音、真空管のあたたかい歪みなど感じだけはつかめるかなあと思い動画載せます。今回は、普段練習時音量でボリュームは8時くらいでほとんど上げてないですが、ゲインは2時くらいまで上げています。それでも、低音と音の伸びは結構ありますので、気持ち良く練習できてますw

※このアンプでマイク録音しようと、ブロともさんのおすすめ Shure SM57を購入したのですが、まだマイクを接続するオーディオインターフェースが無く、アンプの前のマイクは飾りですwマイク録りするとなると、音作りがそれなりに必要になると思うので、その辺も勉強していきたいと思います。

---

もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

KISS Alive マラソン(8) / Alive - Got to choose

今年最初の KISS Alive のコピー演奏動画となります。
今回は、KISS Alive!のナンバーで、”Got to choose"を弾いてみました。

KISSの曲の中ではわりと地味めな曲ですが、パワーコードのリフからハンマリング、プリングのリフがかっこいい曲で、個人的にはかなり好きな曲です。

聴くと簡単そうですが、パワーコードのリフのリズム、プリングハンマリングにミュートカッティングを混ぜていたり、ユニゾンチョーキングがあったり、ソロの部分もAceらしいミュートからの裏ピッキングもあり、弾くと意外に難しい曲なんです。



接続:[Guitar:Gibson Ace Frehley Budokan Les Paul Custom]-(LINE)-[Yamaha THR-5]-(USB)-[MAC]
音:”BRIT HI”
映像:Cubase AI6 で録音して、Movie Maker でMIX

---

もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

【年賀】2013年 明けましておめでとうございます

2013年 明けましておめでとうございます

昨年中は、ブログで交流させて頂いた方々に、この場を借りて、心からお礼を申し上げさせて頂きたいと思います。
本年も音楽好き、ギター好きのお仲間としてよろしくお願い申し上げます。


---

昨年2012年1月に、Ace Frehley 武道館モデル Les Paul シグネイチャモデルギターの発表をきっかけに長年のブランクを経てギターを再開する決意をしたわけですが、なんだかんだで約1年を迎えます。

それ以前も、好きな音楽は聴いていたのですが、ギターを再開したことにより、ギターへの思いやギターを中心とする楽曲関しまして、それまで以上に楽しむことができました。それだけで無く、本当にありがたい事ですが、ギターや音楽が好きないろいろな方とブログでの交流もさせて頂き、人生として生活の中での楽しみ、活力を頂くことも出来ました。

今年も、KISSの楽曲のカバー動画を中心となると思いますが、活動していこうと思います(Alive全曲は先が長いですw)。今年もまだまだ下手くそではありますが、多少は上達したかもしれないので、次の段階として、好きなフュージョンの楽曲などにも挑戦していこうかなあ何て考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

---

もしよろしければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。