Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

GOTOHのペグ(マグナムロック)に換装してみました

GOTOH(ゴトー)のペグ(マグナムロック)に交換してみました。
換装したのは、TOKAIのレスポールで 3:3クルーソンタイプのペグとなります。
型番は、SD90MG-SL ニッケル です。

マグナムロックの利点は、
○弦のテンションでロックするため、ロック時の弦切れや弦抜けがない
○マシンヘッド部でのチューニングの狂いを最小限にする
○演奏時のチューニング安定性が更に向上
○弦をはるのが簡単になる
という感じです。

現在のマグナムロックは、
1、2、3弦側の弦通し穴が4,5,6より小さくなっていて、
穴が小さい方は、親切にシールが貼ってあります。
ペグ4
昔は穴の大きさが同じで1,2,3はロックが甘かったということでしょうか。

換装の手順を写真に記録しましたので、手順をご紹介します。
1.付いていたペグを外します。
  本体は簡単に外れますが、ブッシュが結構堅かったりしますので、
  裏からボックスレンチを柔らかい布で巻いて金槌でレンチをたたきながら丁寧に押し出します。
  ペグ1ペグ2

2.付属しているGOTOH製ブッシュを入れます。
  これも楽器用クロスなどの厚い布を上にのせて、金槌で丁寧に入れ込みます。
  ペグ3

3.マグナムロックペグをねじで留めます。1,2,3と4,5,6の左右を間違えない様に注意です。
  ペグ7

4.通常と同様6弦から弦を張っていきます。
  出荷状態で、堅く止まっていますので、コインなどで緩めて、弦が入るようにします。
  弦が入らない状態から、1,2回し緩めていくと入る様になるので、弦を入れてまっすぐ引っ張ります。
  その状態で、ペグワインダーなどで回していくと、ロックされたあたりから
  弦を巻き取り始めます。それを、6弦とも行います。
  巻き取りが最大一巻きになるように調整するので、まずは弦は切らずに全弦貼ります。
  ペグ8

5.チューニングして、巻き取りが1周以内なら、OKですので、余分な弦を切ってしまいます。
  ペグ9


これで、完成!!

ペグ交換1時間、弦交換30分 って感じでしょうか。
最初だったのでいろいろ観察しながら弦交換もゆっくりやりましたが、
慣れるとあっという間に張れそうです。

また、使用感など記録したいと思います。
スポンサーサイト

Ace Frehley “Budokan” Les Paul Custom 予約しました

KISSのAce Frehley シグネチュアモデル
Ace Frehley “Budokan” Les Paul Custom が発売になります。
1977年に日本武道館にてAceが使用した3ピックアップの
レスポール・カスタムを再現したこのモデルで、
Gibsonモデルが300本限定、Epiphonモデルが1000本限定です。

Gibson Aged/Signed (全世界50本限定) 1,725,150円
Gibson Aged (全世界100本限定) 1,121,400円
Gibson V.O.S.(全世界150本限定) 690,900円
Epophone (全世界1000本限定) 113,400円

予約したのは、お金持ちでは無いのでEpiphonモデルですが、
構造などは、ほぼ同じでピックアップも
ディマジオPAFx2+ディマジオスーパーディストーションがついています。
専用ハードケース、認定証もついていてお得感が結構ありますよね。
一生の宝物になりそうです。
5月から順次出荷ということで、現状は予約する形です。
まだ予約可能な様ですが、現時点で私が予約を入れたイケベは売り切れになっていました。
※あくまでもKISS FANから見たお得感ですけどねw

Gibsonモデルは、Agedというのが傷や塗装はげまでも再現したもので、
Signedはサイン入りです。サインがあるだけで60万違うとは(流石w)
再現加工代60万というのも、マニアックな世界ですよねえ。

Deep Purple モントルー2011 BSフジで放送

Deep Purple の昨年行ったモントルーでのライブがBSフジで放送されます。
日時は、26日(日)25時30分です。
オーケストラを率いるというおもしろい企画ですが楽しみです。
※YouTubeなどでもアップされてますが、TVの方が音は良いかもしれません。

84年の再結成以来、メンバーの入れ替えも激しいですが、
イアン・ペイス
ロジャー・グローヴァー
イアン・ギラン
ドン・エイリー
スティーヴ・モーズ
というメンバーです。

曲自体は、往年の名曲ばかりですが、
スティーヴ・モーズの音はリッチーとは全然違い、別の味があります。
Liveでは、Black Sabbath, Led Zeppelin, Van Halen
とかの曲のリフを混ぜたりするのも面白いですよね。

生まれて初めて買ったギターはストラト

ギターを初めて買ったのは中学1年の時だったと思います。
自分が育った町は、北海道の田舎町で、
唯一駅前にあるレコード店と併設した小さい楽器店がありました。

当時、ディープパープルのリッチーブラックモアに魅了されてたので、
ストラトキャスターがほしくて、
学校から帰宅後に幾度となく見に行ったものです。
とはいえ、当時は雑誌なんて買わないですし、インターネットもないので、
エレキギターの種類はストラトしか知りませんでした。
頼りは、シングルレコード盤のリッチーのストラトを弾く写真だけだったんですよねw

小さな町で、楽器はさほど需要がなかったと思いますが、
エレキギターも確か2,3本くらいしか売ってなかったと思います。
ある日、Aria Pro IIの黒いストラトが飾っていて、
これを逃すともう入荷しないかもしれないという感じで、
数年貯めたお年玉を全部使って、何度も店員さんに話しかけるのに戸惑いながら
購入した記憶があります。
たしか、2万円くらいだったかなあ。
メーカーなんかも有名なのかどうなのかも全然わからない状態での購入でした。
(楽器と言えば、Yamahaしか知らない感じ)

おそらくは、エレキギターのブランドとして立ち上げてすぐくらいの
初期の Aria Pro II ブランド商品だったと思います。
おそらく ST-400Bというやつだと思います。
当時は、アンプなんて買えないので、
ラジカセのマイク入力に無理矢理突っ込んで音を出していました。

そのギターですが、残念ながらどこへ行ってしまったか記憶にないんですよね。

Aerosmith のNewアルバムも近いかも

ジョー・ペリーのツイッターによると
AerosmithのNew CD レコーティング中らしいです。
カバーアートの撮影も来週あるらしいので、
発表が楽しみです。

スティーヴン・タイラーにしろ、ジョー・ペリーにしろ
60歳過ぎてあのかっこよさは凄いですよね。尊敬しますw

ジョーのギターですが、
ギブソン・レスポールのシグネイチャー・モデルにて、
本人が軽いギターを追求したというのは有名ですが、
レスポール大好きの私ですが、形、音が良くても
重すぎが玉にきずなので、素直な試みだとおもいましたw

Whitesnake LOUD PARK 11

先日WOWOWで、LOUD PARK の総集編をやってたんですが、
LOUD PARK 11に、Forevermore のツアーのついでに出演した
Whitesnaeのライブ映像を見ることができました。
その他モトリークルー以外は、ヘビーすぎて飛ばしましたけどw
Forevermoreは、良いアルバムでお気に入りの一つです。

デイヴィッド・カヴァデールは、ディープパープルも有名ですが、
今となっては、Whitesnake=です。(他メンバーは入れ替わり激しくて付き人状態ですかw)
流石に(年齢から)声量の衰えはありますが、
Fool for Your Loving は相変わらず良かった~
ダグ・アルドリッチのレスポールもいい音してましたねえ。

Whitesnakeのギタリストと言えば、
自分としては、起源のミッキー・ムーディ、バーニー・マースデンを思い出しますが、
有名なのは、ジョン・サイクス、エイドリアン・ヴァンデンバーグ、スティーヴ・ヴァイでしょうか。
Fool for Your Lovingは、だいたいどの世代もライブ映像が残っていて、
それぞれ味付けとかソロとか特徴が出ていて、それぞれ楽しめます。

Van Halen 久々のアルバム

昨年の発表から待ち遠しい日々でしたが、
2月7日に、A Different Kind Of Truthが発売になりました。
1998年のIII以降、久々のアルバムで、
エディーの息子さんであるウルフギャングがバンドに参加してから
初めてのアルバムとなります。
個人的には、サミーヘイガーも好きなんですが、
デイヴィッド・リー・ロスの変幻自在のハスキーボイスがやはり最高ですね。

このアルバムは、曲名は変えているようですが、
リリースされてない70年代のデモ曲がメインで構成されています。
そのへんの情報は、以下のサイトに載っています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Unreleased_Van_Halen_projects
中には、KISSのジーンシモンズによるデモ曲も数曲あるんですよね。

アルバムの出来も、自分としては最高で、
TattooからBeats Workin'まで、堪能させてくれます。
Honeybabysweetiedoll は、完全に Rainbowのバビロンの城門ですけどねw

デラックス版に付いているDVDのアンプラグド(Panama/Beautifull Girls)も非常に良かったです。
映像では、デイヴィッドが短髪で、妙に清潔感があるのが笑えます。
DVDの続きという感じで、以下のサイトでの生い立ちトークビデオや
You Really Got Meのアンプラグドも必見です。
http://www.van-halen.com/index.html

来日の話は、まだ発表されてない様ですが、
トーク映像では、体調良さそうだから来日もあるかもしれませんね。
EVH Wolfgang Stealth もまた売れちゃんでしょうねw

PRS P22 弾いてみたい

先日アメリカで開催されたNAMM SHOW 2012で発表された
PRS史上初のピエゾピックアップシステム搭載のソリッドギター「P22」で、
ハムバッキングピックアップとピエゾピックアップが共存したギターに関するつぶやきです。
今回発表されたギターの中で一番気になります。

Youtubeの映像でしか見てないですが、ハムバッキングの音は元々定評ありますが、
ピエゾの音が予想以上に良さそうに感じました。
合わせ技のハーモニー音が何とも幻想的ですよね。
実際に手にとって音出して見たいと思いました。

国内での発売時期及び価格は現在のところ未定らしいですが、
発売されたら欲しくなりそうです。
ただ、価格は高そうですよね(笑)

ロックギターの話題中心でブログ開始

今日から新ブログ開始します。

1970年~80年くらいまで全盛だったバンド(ロック、フュージョン)の話題中心に、
ギター視点が強いですが、ブログにしていくつもりです。
ギターも自ら弾きますので、その辺の話題もしていきたいと思います。

更新は、気が向いたときなので頻繁じゃ無いかもしれませんが、
その時代のギタリスト、ギター全般の話題で盛り上がりたいです。

先ずは、自分の中でのロックバンドベスト3のご紹介(絞るのがホントに難しいですw)

1.KISS....... 年は取りましたが相変わらずのパワー凄すぎです。2000年以降ではサイコサーカス最高だったなあ。

2.Boston..... 天才、トムショルツによるバンド。一人で全部楽器演奏でてあのサウンドはまさに天才。ライブのためにわざわざメンバーを集めたんですよねw A Man I'll Never Be を聴くと、未だに涙が出るくらい感動します。

3.Van Halen.. 今年、デイブリーロス復帰と息子さんがベースで加わりアルバム出ました。エディーのギターは健在で感動、デラックス版DVDに入ってるアンプラグドが良かった。

FC2Ad