Classic Rock Generation

70年代、80年代、に全盛期だったロックバンドの話題やギターに関する話題などを取り上げます

Marshall のキーホルダージャックを買ってみました

前々からほしいけどちょっと高いと思っていた、
Marshall のキーホルダージャック、
楽天ポイントが貯まってたので思い切って買っちゃいました。
4000円以上するのですが、期間限定ポイントでほしいものもなかったという状況が後押ししました(笑)

メーカーの商品情報は、こちらにあります。
種類的には、4種類ありますが、JCM800 Standardを選択しました。
IMG_0249.jpg
IMG_0105.jpg

販売ページ

実際に、つけたところの写真が以下です。
本当は、裏板を壁にねじ止めして、はめ込む方式なんですが、
壁に穴を開けるのに抵抗感があったので、穴に結束バンドを通して止めました。
IMG_0251.jpg

Marshall好きであれば、結構、満足感があるかもしれません。
プラグのデザインにもMarshallマークが入っていますので、キーホルダー単独としても良いです。

---
記事閲覧有難うございます~もし宜しければ、以下ボタン押しも、おねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ポールに付けるタイプの譜面台で、足回りをすっきりさせてみました

操作用のペダルが増えてきて、譜面台の足がどうも邪魔に感じてきたので、
マイクスタンドなど、ポールに付けるタイプの譜面台を購入してみました。

以前の譜面台は、ごく普通のものでしたが、結構足が邪魔になるんですよね。
fumendai0.jpg

購入した譜面台は、サウンドハウス サウンドハウスで2400円で購入。
km_115_2.jpg

値段の割に、つくりが結構しっかりして、非常にお得感がありありです。
実際に、付けた図が以下
fumendai1.jpg

省スペースでの設置を目指していたので、棚から自作の木製ステイを作成し、接続しました。
既製のラック支柱を使った棚だったので、段のところにちょうど合うサイズの棒をネジ止めしただけで完成。
fumendai2.jpg

下が何もないので、気持ちまでスッキリ!
足元がスッキリしていることがこんなに大事だったなんて、新しい発見でした(笑)
如何に譜面台の足が今まで邪魔だったのか。。。
floor.jpg

---
記事閲覧有難うございます~宜しければ、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

多くの種類がある Jazz III ピックを並べて見ました

Jazzピックは、強いストロークの演奏には向かないと思いますが、
エレキ、アコギ問わずリード、ソロギター、軽いカッティングの演奏時には大変重宝します。

Jazz ピックは、各社から販売されていますが、
小さいサイズのティアドロップ型のピックで、厚さが大体1mm前後のものとなります。
といっても、形も様々で指で挟むと見えなくなるほどホントに小さいものもありますし、先端が丸いものもあります。

私は、中でも Jim DunlopのJazz IIIピックを愛用しているのですが、
種類がたくさんあり、買い増ししていくうちにたくさん集まったので、並べて写真を取ってみました。
JAZZIII.jpg
上左から、下右に向かって、
1.Jim Dunlop ULTEX Jazz III
 爪の感触に近いと言われるULTEX製です。比較的柔らかい音を出せます。
2.Jim Dunlop Eric Johnson Jazz III
 Eric Johnsonさんが使用しているヴィンテージJazz IIIから型を復刻したものだそうです。
 通常のものより微妙に大きい感じ。
3.Jim Dunlop Max Grip JAZZ III赤、黒、灰
 滑り止めの凹凸があるタイプのJAZZ IIIです。赤と黒はナイロンで、ちょっと灰色に近い黒のものがカーボンです。
 カーボンは滑り止めに加え、少しざらざら感があります。
4.Jim Dunlop John Petrucci Jazz III
John Petrucciさんの要求に沿ってデザインされたUltexピックだそうです。
 JPマークが滑り止めになっていて、先端がV字になる型になっています。
 Eric Johnsonモデルよりさらに大きめな感じです。

当初は、ULTEXを良く使用してましたが、気持ちの問題かもしれませんが、
滑り止め付きのものを最近は良く使用します。
John Petrucciモデルは、最近購入したので、まだ弾き心地はわかりませんが、
滑り止めと言いつつ艶あり加工になっていて、通常のものより滑りやすい気がします。

---

興味深いねっと思った方は、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

Yamaha NTX700 のために、ハードケース購入

Yamaha NTX700を、年末に購入しましたが、ケースがぺらっぺらなため、
保存材などをいれて年間を通して保存できるケースの購入を目論んでいました。
P1020523_2 - コピー
※ホントにほこりをしのげる程度のものです

純正品は2万円前後とお高いため、汎用品でサイズに合うものを探していましたが、
一般のギターのサイズとは異なるため、帯に短したすきに長しで探すのが大変でした。

いろいろ粘り強く探していたところ、KC APX110というのが、
説明書きに Yamah APXが入ると書いてあり、調べたところ下記の様にサイズも良さそうな感じであり、
NTXが微妙に全長が短い程度、同幅が丁度で心配ではありましたが、
価格も7000円くらいでお手頃であったため購入してみました。

Yamaha本体カタログによると、
APXの全長/胴長/同幅(上x中x下)/胴厚=1031/490/269×230×384/80 〜90
NTXが全長/胴長/同幅(上x中x下)/胴厚=1026/490/269×230×384/80 〜90
KC APX110ケース内寸=全長/胴長/同幅(上x中x下)=1,070/560/290x280x390

---

本日ケースが届き早速レビューです。

先ず外観ですが、なかなかしっかりしており1万以上のものと比べても遜色無い感じでした。
P1020528.jpg

次に、金具ですが、床置き、縦置きのパーツもちゃんと付いており、
取っ手も手荒にしなければすぐに壊れる感じでもない感じです。
P1020530 - コピーP1020529.jpg

次は、重要な内装。ボディー部は、20mmくらいの厚み弾力のあるクッション材がしっかりはいっており、
特に安っぽい感じもなく、通常のハードケースと変わらない感じでした。
P1020531 - コピー

あとは、ギターを入れてみてどうかです。
P1020526.jpg

ホントにぴったりな感じで、同幅6mmの余裕はクッション材で打ち消されてました。

P1020527.jpg

ここが純正品と違い微妙に危ない点ですが、クッション材を微妙に押しながら入れる感じでジャストサイズな感じでした。入って良かった^^;;な感じでした。

これで、何とか4シーズン保管出来そうです。
Yamaha APX/NTXハードケースを購入検討されているには、参考にしていただければ幸いです。

---

参考になる~と思われた方は~ポチッとおねがいしますm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ZOOM MS-50G 待望のUpgrade → エフェクターが55タイプから100タイプへ

ZOOM コンパクトサイズマルチエフェクター MS-50G の新ファームウェアv2.00が公開されました。
text_img_3290.jpg

ZOOM社のwebサイトからダウンロードできます。

アップデートでは、以下の変更がなされます。

1. 45種類の新規エフェクトを追加され、55エフェクターから100エフェクターに。
2. 特定のUSBチップセットに接続できない不具合の修正
3. 電源投入時に、エフェクトが消えてしまうことがある不具合の修正

実際に、アップデートを行ってみましたが、方法は簡単で数分で完了しました。

追加されるエフェクターは、各エフェクトタイプで追加され、
内訳は、[COMP]+3、[FILTER]+5、[DRIVE]+9、[MOD]+10、[SFX]+6、[DELAY]+7、[REVERB]+5
の系45エフェクトとなります。


いいねっと思った方は非、ポチッとおねがいしますm(^^)m
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
次のページ

FC2Ad